MASAKO-KAMBARA

  • 合計アクティビティ 126
  • 前回のアクティビティ
  • メンバー登録日
  • フォロー 0ユーザー
  • フォロワー 0ユーザー
  • 投票 0
  • サブスクリプション 69

アクティビティの概要

MASAKO-KAMBARAさんの最近のアクティビティ
  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    2-7 複数デザインのスコア比較で比較画像が選べません。

    2-7 複数デザインのスコア比較は、過去他のメニューで実施した分析結果を並べて表示させる 機能となります。本メニューから新規の解析は出来ません。 一度、注目性や複雑性など、比較したいメニューで解析いただくと、2-7 複数デザインのスコア比較で比較表示が可能となります。

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    印象(色・テクスチャ)分析で何が分かりますか?

    印象(色)の分析では、以下2つの分析が可能です。 A 印象ランキング分析     印象語に紐づいた参照画像との色ヒストグラムの類似度をもとに分析対象データに近い     印象語のランキングを上位5位が分かります。 B 目標画像・配色への近さの分析     目標画像との配色の近さをレーダーチャート化。    「対象画像」・「印象語」の項目軸にポイントをあわせると類似度を%表示できます。    ...

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    HSVとLchの違いは何ですか?

    HSVとLchはそれぞれ以下で構成されています。   HSV(色相(Hue)|彩度(Saturation)|明度(Value))   Lch (明度(Lightness)|彩度(Chroma)|色相(Hue))   HSVに比べLchは人の視覚に近いため、本ソフトではLchでの確認を推奨しています。   例えばHSVでは同じ明度でも黄色は明るく、青や紫は暗く見えますが、 Lchでは色違いでも...

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    注目性(動画)分析の結果をどう解釈すればよいですか?

    動画の分析結果は、静止画同様ヒートマップの赤い領域は注目性が高く、青が低い状態と表しています。 また各フレームで最も目立つ点が緑の丸で表示されます。 動画の中で最も見てもらいたい箇所がヒートマップで赤く表示されているのかご確認ください。 また選択範囲目立ち度の囲っていただくことで、その部分の目立ち度を定量的に追うこともできます。 (動画の選択範囲目立ち度の分析のやり方はこちら)   動画の注...

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    Ver.1.1からVer.1.2への変更点は何ですか

    以下3点が大きな変更点となります。   ①2つの新機能(2‐5 印象(テクスチャの分析、2‐7 複数デザインのスコア比較) ②解析メニュー構成の変更(AIDMAに沿った機能メニュー配置へ 下記参照) ③既存機能の改善(2‐1注目性の分析、2-3 色彩調和・複雑性の分析)

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    2-6 ポジショニング分析のやり方

    ポジショニング分析では、以下2つの分析が可能です。 A デザイン要素ポジショニング分析    分析対象画像のデザイン要素(色や複雑度、注目性、テクスチャなど)をもとに    ポジショニングマップを作成できます。 B 配色ポジショニング分析   選択した「配色パターン」や「画像」をX軸・Y軸に置き、印象語に紐付いた参照画像との   色ヒストグラムの類似度をもとにポジショニングマップを作成できま...

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    印象(テクスチャ)の評価をどう解釈したらいいですか。

    フォーマルな印象を与える画像には水平・垂直、カジュアルな印象を与える画像には斜め成分や曲線成分が多くみられます。 EX感性ではそれぞれの水平・垂直(0度・90度)、斜め(45度、135度等)の成分を数値化して出すことが可能です。既存デザインから、よりフォーマルな印象を与えたい場合は水平・垂直(0度・90度)、よりカジュアルな印象を与えたい場合は、斜め(45度、135度等)の数値が高くなるよう...

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    印象(色)の分析結果の解釈をどうしたらいいですか。

    印象ランキング分析、目標画像・配色への近さの分析いずれも、各印象語との近さを%で表示されます。 いずれにおいても基準として、80%を超えるとその印象で感じる可能性が高い目安となります。   例えば、自社ブランドのリニューアル時に前後で類似しているかや、 競合に類似しすぎていないか、などの評価にお使いいただけます。  

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    2-8 まとめて分析のやり方

      このメニューから注目性・複雑性・印象評価などが一気に解析できます。   ●解析準備 ●解析結果 果 分析結果     各解析結果の解釈はこちらをご確認ください。  

  • MASAKO KAMBARAさんが記事を作成しました:

    2-7 複数デザインのスコア比較のやり方

    *過去実施した分析結果を並べて表示させる機能となります。  本メニューから新規の解析は出来ません。ご注意ください。 ●比較準備 ●比較結果 スコア比較が表示されました。